×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ssrシリーズのレーシングマシーン・サーキット

競いあうためにこの世に生を受けた純粋なレーシングマシーンだけが持つ、圧倒的なスピードとパワー。そのマシーンの根幹となるのがシャーシです。私達は「ホイールはパーツではなく、シャーシと同化する重要な部分である」と考えています。グラム単位で計算される軽量化や、エンジンから発せられるパワーを路面へ伝え、そして強大なストッピングパ-ワーに耐える、軽さと強さが常にハイレベルで求められています。日に日に増す過酷な要求は、私達の技術進化を促し、さらに高性能なホイール開発への欲求を高めます。世界のモータースポーツシーンで私達は、「SSR」のロゴと共に進化を続けます。

日本のモータースポーツの象徴、ssrホイール!!

日本のモータースポーツの進化、発展と共に歴史を歩んできた。極限状態の中でレーシングマシンが持つポテンシャルを最大限に引き出すために研究・開発を重ね、独創的で高性能・高品質な製品を創り続けてきました。各製品に対する業界基準に準拠した製品開発は利用者の安全性を追及し、安心と信頼を与えています。さらに、日本国内の自社工場で開発から製造・出荷までが一貫した徹底的品質管理のもと、更なる高性能・高品質な製品を過去の既成概念を覆す先進性をもって開発・生産しています。“REAL MADE IN JAPAN”の安心と“MADE IN TANABE”の信頼が今後も皆様へ「本物」を伝え続けていきます。

ssrは、過酷なサーキットで生まれ、育ったスピードスターホイールssrです。

スピードスターホイールが誕生したのは1970年代、サーキットフィールドでのこと。当時のモータースポーツ界は、ホイールといえば海外からの輸入に頼りきっている状態でした。そんな時代にレースシーンへと登場したのがMK-T。無類の軽さと強さを誇ったこのアルミホイールにはデビューと同時に、多くのレース関係者から大きな称賛が寄せられました。当時は参戦するチーム、ドライバーからよりきめ細やかなサイズ設定と、軽くて強いという基本性能を両立したモデルが求められていた時代。アルミ素材を用いることで強さと軽さ、さらに優秀な放熱性をも兼ね備えたモデルであったMK-1 は、そうした要望 を高次元で実現した垂涎のホイールであったのです。その後、より強く、より軽くという想いを胸に、長い時間をかけてじっくり熟成させたテクノロジーとノウハウ。それをストリートへフィードバックしたものが現在のスピードスターホイールのアルミホイールです。スピードスターホイールは日本のモータースポーツ発展期を支えたレーシングテクノロジーと美しきデザイン性、さらにモータスポーツベースの信頼性までもを兼ね備えているのです。

Copyright © 2008 ssrホイールの素晴らしさに感激!